実は、私も7年以上ものあいだ花粉症に 苦しめられてきました。
ハウスダスト(ほこり)にアレルギーがあり、掃除のたびにくしゃみや鼻水のオンパレード。
発症から6年後には、激しい喘息の発作まで起こすようになってしまいました。
大学に行くときも、デートをするときも、 常に箱ティッシュと咳止め薬を持ち歩かなくてはなりませんでした。
そんな私が、ある簡単な方法のおかげで、 今では花粉症や喘息とは無縁の生活を送っています。
しかも、その方法を実践してから症状が消えてなくなるまでに、 たった1週間しかかからなかったのです。
さらに、この方法を実践するのに余計な費用は一切かからず、 それまで私がアレルギー対策に費やしていたお金もすべて自由になったのです。

このブログでは さまざまな花粉症に必要なグッツや 私が試した方法をご紹介しています 私が1週間で治った方法

たった1週間で症状が消える! お金のかからない、花粉症・喘息の根本的治療法!!

2010年02月11日

●在庫あり 3M●スモールサイズN95マスク 8110S(防護マスク20枚入り)N95規格適合スリーエムヘルスケア製鳥インフルエンザ、豚インフルエンザ、新型インフルエンザの影響で緊急販売(花粉症・ノロウイルス・SARS・パンデミック対策に)不織布マスク

●在庫あり 3M●スモールサイズN95マスク 8110S(防護マスク20枚入り)N95規格適合スリーエムヘルスケア製鳥インフルエンザ、豚インフルエンザ、新型インフルエンザの影響で緊急販売(花粉症・ノロウイルス・SARS・パンデミック対策に)不織布マスク●在庫あり 3M●スモールサイズN95マスク 8110S(防護マスク20枚入り)N95規格適合スリーエムヘルスケア製鳥インフルエンザ、豚インフルエンザ、新型インフルエンザの影響で緊急販売(花粉症・ノロウイルス・SARS・パンデミック対策に)不織布マスク

小顔の人にもフィットするスモールサイズです。■小顔の人にもフィットするスモールサイズ。■型くずれしにくいスタンダードなカップ型の防護マスク。■ノーズクリップで漏れ込みを軽減。■経済的な価格を実現不織布製マスク◆衛生商品ですので、交換、返品等はご容赦ください。◆希少品のため注文後のキャンセルはお断りしております。※世界的に新型インフルエンザ流行(季節は冬とは限りません)の危機が高まる中、マスクがいざというときに品切れなどから入手困難となる恐れもありますので、早めの備蓄をお勧めいたします。ただいま夕方までにご注文いただいた場合、即日発送しておりますが、大量に注文が殺到した場合は3日〜1週間お時間を頂いております。予めご了承ください。6月11日にWHOによりパンデミック宣言されたインフルエンザA(H1N1)、またはブタインフルエンザは、夏に入ると流行が終息するとの予想に反して、依然として北半球で感染を広げている。その一方、冬に入った南半球では、季節性インフルエンザの流行と共に、このインフルエンザA(H1N1)の流行も急速に起きてきている。日本でも5月中旬以降ウイルス拡大が全国的に認められ始め、その封じ込めが困難と判断された。その結果、国は6月19日に対策内容を大幅に緩和し、地域での重症患者対策を中心とした内容に変えた。その結果、地域での対策も急速に緩和され、感染疑い者の検査や発熱外来での診察等が大幅に見直され、ほぼ季節性インフルエンザと同等の扱いとなりつつある。また感染者は以前よりも大幅に増加しているにも関わらず、マスコミ報道も縮小されたため、国内ではこの新型インフルエンザA(H1N1)は既に終息、または軽症であることから危険性がないと短絡的に判断され出した可能性がある。英国では日々の感染者数は数百人レベルとなっており、8月下旬には1日の発生数は10万人前後になると危惧されている。また米国でも感染者数は増加し続けているが、推定感染者数は100万人を超えている。しかし国民の7%が感染している可能性も指摘されていて、そうなると2000万人レベルの感染が起きたとも考えられる。カナダでは先住民族の居住地で流行が起きており、重体となる例も多くなっていて、死亡者も出ている。こうした事実は今後、医療状況の悪い途上国で流行が拡大するに従い、栄養不良状態の人々や慢性疾患を保有した人々が危険に晒される可能性を示唆しており、世界銀行では途上国の人々を中心として世界で140万人の死亡者が出る可能性を指摘している。この数値は香港インフルエンザの際の死亡者数に近い。日本を含む北半球で、冬にこのインフルエンザA(H1N1)が再流行、または第二波としての大流行が懸念されている。その場合、現在の病原性での流行もあり得るが、ウイルス変異で高病原性となって流行する可能性、さらには他のインフルエンザウイルスと人や豚に同時感染することで遺伝子の再集合(遺伝子組み替え)を起こし、高病原性の新型インフルエンザウイルスが誕生する懸念の声もある。しかしこれらの遺伝子レベルでの変化が短期間で起きる可能性がどれほど高いのかは不明である。そうした事実が疫学上、明確に示された例はこれまで得られていない。スペインインフルエンザの際に第二波での被害が大きかった事から、第二波ではウイルスがより病原性を高めるという仮説もあるが、別に冬期間に再流行したことから細菌性肺炎による死者が多く発生したとの見解もある。インフルエンザA(H1N1)流行が抱えている不安材料は、現在、以下のように整理される。1) 本当に病原性は低いのか?——現在は間違いなく病原性は低い。さらに最近の研究結果によるとウイルスの感染力と増殖力は低いとされる。しかし、基礎疾患を持つある種の人々に対しては基礎疾患を重症化させたり、重症肺炎を引き起こすことが知られている。2) 夏期間に流行は終息しないのか?——現時点では終息の傾向はない。3) 冬期間に大流行するのか?その際の病原性は高くなるのか?——夏期間に北半球である程度流行すると、免疫を保有した層が多くなるので、冬期間の再流行はそれほど大きなものにならないかも知れない。また季節性インフルエンザが流行してくることにより、この新型インフルエンザ流行が抑えられる可能性もある。同時期、同地域に2種類以上のインフルエンザウイルスが活発化して大流行することはあまりない。また病原性の変化に関しては、数ヶ月で遺伝子レベルで病原性が変化する可能性はそれほど高くはないと、管理人は考えている。さらに病原性が弱まる可能性もあり得、その場合はウイルスは消失することもありえる。しかし安心材料もある。1)感染感受性のある年令層は限定されている可能性が高い。ハイティーン、続いてローティーンが易感染性を示していて、30代以上の感染者は非常に少ない。また職場内感染も少なく、さらに家庭内で発病した子供達から両親への感染率も低い。2)現在のところ、このウイルスはタミフルとリレンザが奏功する。しかし99%以上の健康的人々の場合は、家庭で静養しているだけで治癒する。現時点での対策地域内で発生していることは間違いないから、可能な限りウイルス感染を防ぐ努力が必要である。外出に際して頻回な手洗いをして、自分の手指が感染者からのウイルスが混入した飛沫物で汚染されることを防ぐ。このことは家庭に高齢者(特に慢性疾患を保有していたり、寝たきりの状態では要注意)がいる場合は重要な対策の一つとなる。咳、鼻水等の感冒症状が出現した場合は、出来れば家庭に留まるか、どうしても外出の必要がある場合は、マスクを着用して、万が一ウイルス感染している場合を考えて他人への感染を防ぐ。新型インフルエンザの2〜3割は発熱しないことに留意。マスクの着用をしていないときに、咳やクシャミが出そうになった場合は、ティッシュで必ず口と鼻を抑える。これは周辺に人がいなくても実行しなくてはならない。ウイルスを環境内に広げない為の個人的努力である。感染した場合、重症化しやすい人々(ハイリスク者)——小児喘息、免疫抑制剤・抗ガン剤使用者、糖尿病で合併症を保有している人、慢性心疾患・肺疾患保有者、妊婦。ハイリスク者の場合は、早期に抗インフルエンザ薬を服用する必要がある。臨床症状から判断して投与することも必要かも知れない。妊婦に対してはタミフル投与も行われるが、英国ではリレンザを推奨している。リレンザの方が胎児への移行率が遙かに低い。(鳥及び新型インフルエンザ海外直近情報集より)※マスクをお買い上げのお客様へこちらの商品は「あす楽」対応としておりますが、現在非常に多くのお客様からご注文をいただいている為発送日のお知らせ(ご注文確認メール)及び発送まで数日お待ちいただく場合がございます。どうかご了承くださいますようお願いいたします。●メーカー:スリーエムヘルスケア株式会社●原産国:韓国メーカー希望小売価格オープン価格のところ特別価格2520円で販売しています。原材料の不織布の価格が高騰しております。冬場にかけて大幅なマスクの値上げが予想されます。お早目のご購入をお勧めします。
さらに詳しい情報はコチラ≫

posted by 花粉症マスター at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 花粉症 鼻水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。